冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)の寿命と交換時期をご存じですか?

 

タイヤは、夏タイヤ(ノーマルタイヤ)と冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)と、大きく2つの種類に分かれています。

近年、各タイヤメーカーから発売されるタイヤの性能が向上したこともあり、普段から車を運転している方でも、タイヤの寿命や交換時期に気づかず、点検や車検、ノーマルタイヤの履き替えの時期に交換しているという人も少なくないのではないでしょうか?

サマータイヤとスノータイヤではタイヤの寿命も異なります。
今回はスタッドレスタイヤの交換時期と見分け方について解説します。

目次
1. スタッドレスタイヤの寿命について
2. 交換時期について
3. まとめ

スタッドレスタイヤの寿命について

スタッドレスタイヤもサマータイヤ同様にすり減り、残っている溝の深さが1.6mmになると、使用限度のスリップサインが出ます。法律で、スリップサインが1箇所でも出ると使用してはいけないことが定められており、タイヤの寿命(使用限度)を示す目印で車検も不合格になります。

 

寿命を迎えたスタッドレスタイヤは、本来持っている氷雪路での性能が発揮されません。
十分な溝がないスタッドレスタイヤは水はけが悪く、濡れた路面は大変危険です。
乾いた路面でも安全に走行することができなくなるため、スリップサインが1箇所でも出たスタッドレスタイヤは、交換が必要です。

スタッドレスタイヤには、もう1つ重要なスノープラットフォームと呼ぶ突起があります。
これは、ブロックとブロックの間の溝にあり、50%摩耗の目安になります。

 

ギザギザが刻まれたこの突起の高さがブロックと近くなってきたら、新品時と比較すると氷雪路でのグリップ性能が大きく低下します。安心・安全に走行するためにも新しいスタッドレスタイヤへの交換を検討する目安になります。

交換時期について

 

スタッドレスタイヤのトレッドパターンには、路面で雪が溶けた水を除去し、しっかりと雪や氷に覆われた路面をグリップするために、夏タイヤよりも細かな切れ込み(サイプ)が入っています。
摩耗しても新たなコンパウンドや気泡が現れるため、氷上性能の低下に気づきづらいという特徴があります。
残り溝が50%になるとスタッドレスタイヤ本来の性能を充分に発揮できません。柔らかい素材でできているスタッドレスタイヤは、乾いた舗装路ではタイヤの減りも早くなります。

出来るだけ長く使いたいという方は、タイヤのプロに相談し、適切なタイミングでスタッドレスタイヤとサマータイヤの使い分けがタイヤの寿命を伸ばす方法の1つになります。

またタイヤはゴム製品です。
ゴムの特性状、ひび割れや溝に問題がない場合も、直射日光、走行条件、保管場所の環境により劣化が進行します。
溝が残っていても装着してから4年以上経過をしたスタッドレスタイヤは交換が必要です。
普通の雪道だけでなく凍結路面や雪の山道など厳しい条件で使用する場合は、残り溝と状態を確認しながら2年ごとに交換することをオススメいたします。

まとめ


※Photoユーザー提供:嘉衛門オリジナルホイール K-Force Tief(ティーフ)BMW装着

タイヤの交換は適切な判断が必要です。
タイヤの残り溝の不足や劣化が進んだスタッドレスタイヤを履き続けていると、乗り心地が悪いだけでなく、タイヤの排水性やグリップが著しく低下し、雨の日の運転に危険が伴います。タイヤの厚みが薄くなることで異物などを踏んだときにパンクなどのトラブルも発生します。また、人気のSUVやミニバンは背が高く、カーブなどコーナリング時にタイヤの外側への荷重の負担が大きくなり、外側が片側摩耗しやすい傾向があります。事故を未然に防ぐためにも日頃から点検と適切な時期に交換をしましょう。

ホイールとタイヤの専門店 嘉衛門の各系列店舗で取り扱っている中古スタッドレスタイヤは、安心・安全にお使いいただくため、「買取」後も専門のスタッフが走行に支障が無いか、1本1本、丁寧に時間をかけて何度も入念に検品しています。

現在のスタッドレスタイヤから買い換えをご検討の方は、是非、嘉衛門の公式オンラインストアをチェックしてみてください。店頭でのタイヤ無料診断も実施中です。

嘉衛門公式オンラインストアはコチラ