冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)の寿命と交換時期をご存じですか?

 

タイヤは、夏タイヤ(ノーマルタイヤ)と冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)と、大きく2つの種類に分かれています。

近年、各タイヤメーカーから発売されるタイヤの性能が向上したこともあり、普段から車を運転している方でも、タイヤの寿命や交換時期に気づかず、点検や車検、サマータイヤの履き替えの時期に交換しているという人も少なくないのではないでしょうか?

スタッドレスタイヤとノーマルタイヤではタイヤの寿命も異なります。
今回はスタッドレスタイヤの交換時期と見分け方について解説します。

 

目次
1. スタッドレスタイヤの寿命について
2. 交換時期について
3. まとめ

スタッドレスタイヤの寿命について

スタッドレスタイヤがすり減り、残っている溝の深さが1.6mmになると、スリップサインとなります。

 

スリップサインとは、道路運送車両法によって定められておりタイヤの寿命(使用限度)を示す目印です。
一箇所でもスリップサインが出たスタッドレスタイヤは、交換が必要です。

溝の深さの見極めとして走行距離も1つの目安とされております。
一般的にはスタッドレスタイヤは5千kmの走行で1mm消耗します。
計算をすると3万2千kmの走行距離で、残りの溝は1.6mmになります。

十分な溝がないスタッドレスタイヤは水はけが悪く、雨や雪で濡れた路面は大変危険です。

また道路交通法違反で禁止されており、交通違反で2点の加点と車種別の罰金が科せられますので注意が必要です。

交換時期について

 

メーカーが推奨している消費期限は3~4年と言われております。
走行距離にすると10,000kmと言われています。

ノーマルタイヤと比べゴムの性質が柔らかく乾燥した路面を走る際に摩耗が原因で、
未使用の場合でも経年劣化によりタイヤのひび割れが起きやすくなります。

製造年週からまだ経過していない場合や、溝が残っていても5年以上経過をしたスタッドレスタイヤは交換が必要です。

タイヤのほとんどはゴムで出来ています。
ゴムの特性状、ひび割れや溝に問題がない場合も、
直射日光、水、熱、油などの環境により劣化が進行します。

まとめ

 

タイヤの交換は適切な判断が必要です。
タイヤの残り溝の不足や劣化が進んだスタッドレスタイヤ履き続けていると、乗り心地が悪いだけでなく、タイヤの排水性やグリップが著しく低下し、雨の日や雪の日の運転に危険が伴います。タイヤの厚みが薄くなることで異物などを踏んだときにパンクなどのトラブルも発生します。また、人気のSUVやミニバンは背が高く、カーブなどコーナリング時にタイヤの外側への荷重の負担が大きくなり、外側が片側摩耗しやすい傾向があります。事故を未然に防ぐためにも日頃から点検と適切な時期に交換をしましょう。

ホイールとタイヤの専門店 嘉衛門の各系列店舗で取り扱っている中古スタッドレスタイヤは、お客様に安心・安全にお使いいただくため、「買取」後も専門のスタッフが走行に支障が無いか、1本1本、丁寧に時間をかけて何度も入念に検品しています。

現在のスタッドレスタイヤから買い換えをご検討の方は、是非、嘉衛門の公式オンラインストアをチェックしてみてください。店頭でのタイヤ無料診断も実施中です。

嘉衛門公式オンラインストアはコチラ